シリコン アウトバストリートメント 悪い

シリコン入りのアウトバストリートメントって悪い?

アウトバストリートメント シリコン

 

シリコンが入っているアウトバストリートメントって良くないの?

 

このサイトではノンシリコンのアウトバストリートメント勧めているっていうことは、あんまり良くないのかな?って気になりますよね。

 

でも、

 

「アウトバストリートメントでシリコンを入ってないのを市販で探すのは正直難しい。」

 

「椿油やアルガンオイルがシリコン入ってないから良いのかな?って思うけど、オイルは正直べた付くから苦手。」

 

そう思う方も多いと思います。

 

ここでは、私の考えを紹介します。シリコンに対しては、それぞれ考え方もありますしね。

 

(美容師さんに聞いても、シリコンに対する認識は様々です。)

 

私が思うに、シリコン自体は悪いものではないので、ちゃんと使えば問題ないと思います。

 

髪がかなり痛んでいたりすると、シリコン配合のものを使ったほうがつやを出してくれるし、触り心地もよくなります。

 

でも、それは一時的なんです。

 

シリコン入りのアウトバストリートメントを使うことで、髪にとってよくないことが起こる場合があります。

 

 

シリコンは髪に残ると良くないことが起こる?

 

シリコンをきれいに洗い流せるなら問題はありません。

 

ですが、アウトバストリートメントって長時間髪につけています。
そうすると皮脂と混ざっていきます。

 

その油とシリコンが混ざり合うことで髪や頭皮に吸着します。

 

毎日シャンプーをして、髪についたシリコンをきれいに洗い流せるなら問題はないのですが、きれいに落とせていないとシリコンが髪や頭皮に残ってしまい、髪の毛がベタベタしたり、頭皮に嫌なニオイが出てきたりするんです。

 

「最近、いくら洗っても頭皮や髪がべたつくな・・・」

 

と思っているなら、皮脂ではなくてシリコンが原因かもしれません。

 

実は、シリコンが原因で頭皮がべたつくことがあります。

 

せっかく髪の毛をきれいにするために使っているアウトバストリートメントで、髪の悩みがさらに増えた・・・

 

って悲しいですよね汗

 

もし今、シリコン入りのアウトバストリートメントを使っていて、頭皮や髪の根元がべたつくのではあれば、一度使用をやめてみてください。
1週間ほどしてべたつきが改善するなら、そのアウトバストリートメントのシリコン残留が原因ということになります。

 

>>洗い流さないトリートメントでニキビができる。原因はシリコン?

 

 

でもノンシリコンの洗い流さないトリートメントだとパサつく・・・

 

もしシリコン入りのアウトバストリートメントがべたつきの原因だったとわかったからといって、ノンシリコンのアウトバストリートメントだとパサつくんだよね。

 

と思うかもしれません。

 

確かに、シリコンが入ってない分、シリコン入りのアウトバストリートメントを使った後だとよけいパサつき感が気になるかもしれません。

 

それはちゃんとシリコンの代わりの指どおりをよくする成分が入っているものを選べばいいんですけど、それだけではカバーできないときは、この方法をおススメしています。

 

それは

 

シリコン入りのトリートメントを使う。

 

シャンプーの後のトリートメントにシリコン入りのものを使うといいと思います。
(市販のトリートメントのほとんどはシリコンが入っていますよ)

 

私の場合はシリコンが入っている成分が肌に残ると肌荒れが起こりやすいので、毛先を中心につけて、できるだけ頭皮や体につかないように注意しています。

 

シリコン成分を髪につけることで髪の毛がすぐにツルツルになって手触りがよくなりますし、最後は洗い流すのである程度シリコンは洗い流されます。

 

それでも、ある程度髪の毛がまとまってくれます。

 

 

ノンシリコンのアウトバストリートメントで髪の毛が変わった

アウトバストリートメント シリコン

 

私の場合はノンシリコンのアウトバストリートメントを使うことで髪の毛のべたつきが収まりました。

 

でも個人差がありますから、自分の髪や肌にあった方法を選べばいいと思います。

 

ノンシリコンとなると値段が高いものが多くなりますしね。

 

質にこだわるとその分お金がかかるのは仕方がないことですよね。

 

正直、私は髪の毛をいつまでもきれいに保ちたいのであればある程度、ヘアケアに投資するのは必要だと思います。

 

実際に、質のいいものを使うようになることで髪の毛の状態も良くなったし、パーマがちゃんとかかるようになりました。

 

髪の毛を伸ばしたい、いつまでもいい状態をキープしたいと思うのであれば、髪の毛につけるものは質の高いものがいいです。

 

なので、一度使ってほしいな〜というのが本音です。
使っていくことで髪の毛がだんだん扱いやすくなっていくのがわかります。

 

もちろん、アウトバストリートメントだけいいのに変えたからといって、髪のケアをおざなりにすると痛むことがあるので普段から髪の毛に刺激を与えないように注意することも大切ですよ。

 

コチラで毛髪ダメージ対策について紹介しています。

 

髪の毛自体は死んでいる細胞です。

 

なので、自ら痛んでいるキューティクルを補修することができません。

 

ですから、普段から痛まないように気を付けることが大切ですし、髪につけるもの自体で髪が痛まないようにすることも大切です。

 

あなたが理想とする髪ってどんな感じですか?

 

今その髪の毛になっていますか?

 

ぜひ普段から大切な髪の毛をいたわってあげてくださいね^^

 

>>ノンシリコンのアウトバストリートメント人気ランキングはコチラ

page top