洗い流さないトリートメント 肌に悪い

洗い流さないトリートメントは肌に悪い?使い方に気を付けよう。

洗い流さないトリートメント 肌に悪い?使い方に気を付けよう。

 

洗い流さないトリートメントって肌に悪いのか?

 

ということですが

 

肌によくない成分が入っているものもあります。

 

実際に使ってみないと自分の髪に合うかどうかわからないですが
肌もそうですね。少なくとも。

 

配合されている成分をみると大体わかる場合もあります。

 

 

私も最初は洗い流さないトリートメント使うのを使うのをやめていた時期がありました。
それは

 

シリコンの入ったオイルタイプの洗い流さないトリートメントだったんですけど

 

それを付けると髪の毛は落ち着くんですが
顔がどうも油っぽくなるんです。

 

ニキビもできるし
顔がほてる。

 

それを使わないとその症状が起こらなかったので
きっとその洗い流さないトリートメントが原因だったんでしょう。

 

それがあってから

 

しばらくは使わなかったんですけど

 

ノンシリコンタイプで
無添加の洗い流さないトリートメントを使ってみて
肌荒れが起こらなかったので

 

敏感肌の私にも使えるのがあるんだな

 

と感動したものです。

 

 

私の場合は

 

シリコン

 

が合わないのかな?

 

と思いました。

 

オイル
かもしれないし

 

ほかの添加物かもしれません。

 

ラウリル硫酸Na
ラウレス硫酸Na
刺激性界面活性剤
刺激的な防腐剤
酸化防止剤
など入っていると、髪にも肌にもよくありません。
(価格が安いトリートメントには入っています)

 

もし

 

使ってみて肌荒れが起こる場合は
使うのをすぐにやめたほうがいいと思います。

 

いくら髪に効果があっても
肌に悪かったら意味ないですからね。

 

できれば
サンプル
を使ってみて

 

髪と肌に合うのか確認するといいですよね。

 

 

普段から気を付けるといいこと

洗い流さないトリートメントができるだけ肌につかないように気を付けるだけでも
肌荒れを防ぐことができます。

 

例えば

 

顔回りに髪がつかないようにする

 

おでこにニキビができやすかったり
頬にできたりするなら

 

髪の毛が肌について
洗い流さないトリートメントの成分が肌についてしまっているのかもしれません。

 

首とかもね。
首も意外とニキビができてる人多いですもんね。

 

 

髪の毛をまとめるとか、
髪の毛が肌につかないように工夫するといいですね。

 

 

 

洗い流さないトリートメントは毛先中心につけること。頭皮にはつけない。
洗い流さないトリートメントは
あくまでも髪の毛の保護のために使うものです。

 

頭皮につけると頭皮の炎症やニキビの原因になりますから
つけないようにしてください。

 

 

 

寝るときは肌に髪の毛がつかないようにする
髪の毛が長い場合は
枕の上のほうに流します。

 

それから枕にタオルを敷いて
毎日替えるのもいいです。

 

 

肌によくない成分が入っていない洗い流さないトリートメントを使う
先ほど言いましたが
私の場合は

 

ノンシリコンで
クリームタイプ
無添加の

 

洗い流さないトリートメントを使うようになってから
肌荒れは起こりにくくなりました。

 

以前のは
つけるとすぐに顔がほてったり
次の朝にニキビがぽちっとできたりしたんですが
今はありません。

 

(生理前にとか体調が悪い時はできたりしますが)

 

髪のことを考えて
髪にいい成分を使っているものは
基本的に肌にもいい成分がはいっているのではないか

 

あるいは

 

肌に悪い成分は使われてないのではないかな

 

と私は思っています。

 

>>敏感肌におすすめの洗い流さないトリートメントランキングはコチラです

page top