湿気が多い日 髪のケア方法

梅雨が嫌い!湿気が多い日の髪のケア方法は?

湿気 梅雨 トリートメント

 

梅雨ってじめじめして嫌ですよね。
何が嫌って

 

ヘアスタイルが決まらないこと。

 

特にくせ毛ならもう大変。朝からてんやわんやです。

 

湿気 梅雨 トリートメント

 

でもそんな日でもヘアスタイルはばっちり決めたい。
今回はそんなときのケア方法をご紹介します。

 

 

最初に言ってしまうと

 

洗い流さないトリートメントをちゃんと選ぶ

 

のも大切ですが

 

スタイリング方法も大切。

 

これを知っていると湿気が多い日も怖くありませんよ(・∀・)

 

 

湿気が多いと髪が広がる原因は?

湿気 梅雨 トリートメント

 

「髪が痛むことで髪の表面のキューティクルがはがれてしまうこと」が原因です。

 

上のイラストのように鱗のように髪の毛ってできてるんですが、髪が痛んでいると、右のイラストのように開いてきます。

 

そうなると

 

パカっと開いた部分から水分が入り込みます。

 

剥がれた部分は均一ではなくて、バラバラに剥がれているので、水分を含むと髪の毛がうねってしまうんです。

 

 

その状態を放っておくと、年を取るごとに健康な髪を作る力を弱っていきます。

 

結果、ダメージに弱い髪が生えてきます。

 

湿気 梅雨 トリートメント

↑弱い髪の毛が生えてきます。当然うねりもでやすい。

 

そのために、ちょっとした外部からの刺激で髪の表面がはがれやすくなって、うねりやくせ毛、切れ毛、枝毛の原因になるので、

 

髪が広がりやすく、スタイリングしにくい髪になっていきます。

 

 

そのままにしていると、髪の毛はどんどん言うことを聞かなくなりますから、今からヘアケアを始めましょう。

 

 

髪が痛む主な原因を知って髪を健康的にしよう

 

髪が痛む原因を知って、できるだけ刺激を与えないことが大切です。

 

髪の毛自体は「死んでいる」ので、自分でダメージを補修することはできません。ですから、今以上に痛まないようにすることが髪を健康にするポイントです。

 

 

髪が痛む主な原因は以下の5つです。

 

髪が濡れているとき
熱を加えたとき
紫外線を浴びたとき
摩擦を与えたとき
静電気が発生したとき

 

この5つの原因を普段から気を付けるだけで、髪を健康に保ちやすくなります。

 

それぞれに気を付ける点は細かくありますが、ここでは2つのアイテムをつかってこれらのダメージを簡単に減らす方法を紹介します。

 

そのアイテムは

 

洗い流さないトリートメント

 

 

ドライヤー

 

です。

 

 

 

湿気が多い日の対策は?

湿気 梅雨 トリートメント

 

1、まず、髪の毛を洗った後のタオルドライは優しく。

 

湿気 梅雨 トリートメント

 

髪を押さえるようにして、水分を取りましょう。

 

髪が濡れていると、髪がダメージを受けやすいですから、優しくしてください。

 

 

2、洗い流さないトリートメントを付ける。

 

湿気 梅雨 トリートメント

 

ドライヤーを使う前はちゃんと洗い流さないトリートメントを使うことが大切です。

 

なぜならドライヤーの熱って髪の毛にあんまりよくないですからね。
熱から保護することが大切です。

 

さらに

 

熱により補修作用がある成分が含まれているのがおすすめです。

 

洗い流さないトリートメントは
ドライヤーをする前に毛先を中心につけます。

 

これをするとしないでは髪の毛の傷み具合が違います。
髪の毛自体は死んでいる細胞ですから、自分で修復することはできません。

 

ですから外部から補修成分があるトリートメントで、髪を保護することが大切です。

 

トリートメントによって髪に水分や油分を与えることで
湿気による余分な水分が入りにくくなるのでくせがでにくくなります。

 

 

3.ドライヤーで髪を乾かす。

 

湿気 梅雨 トリートメント

 

髪の毛をちゃんと乾かすことが大切です。

 

髪は濡れている状態ではキューティクルがはがれやすいので
ドライヤーで髪の毛をちゃんと乾かしてキューティクルをとじることが大切です。

 

キューティクルの向きに合わせて、根元から毛先に向かって風を当てて、手で引っ張るように乾かすとキューティクルが整います。

 

さらに、うねりを防ぐためにキューティクルを引き締めることが大切。

 

キューティクルが閉じることで余分な水分は髪に入り込まないのでうねりが出にくくなります。

 

なので、冷風で髪を冷やしてキューティクルを引き締ましょう。

 

 

仕上げに洗い流さないトリートメントを使って、外側から保護をします。

 

水分を通しにくいオイル成分が含まれているものがおすすめです。

 

湿気 梅雨 トリートメント

 

 

毎日きちんとケアを続けることで、髪が健康になれば、髪自体のバリア機能が高まってダメージを受けにくい強くハリのある髪になっていきます。

 

湿気のある日も気分良く過ごせるようにケアをしてみてくださいね。

 

髪のダメージの解消、ケアは優しい成分で

 

なので、いろいろ使ったけどくせ毛が収まらない・・・。
年を取るにつれて髪にクセが出てきた・・・。

 

と悩んでいる方は一度気軽に試してみるのもおすすめですよ(・∀・)

 

髪をケアする洗い流さないトリートメントはコチラ

 

page top