髪 ぱさつき 対策

髪の毛の広がり、うねり、ぱさつきを抑えたいなら

髪の毛広がりぱさつきうねり

髪の毛の広がり、うねり、ぱさつき。

 

この3つの悩みって似てないようで、実は原因は一緒なんですよね。

 

それは乾燥なんです。

 

髪の毛が乾燥してるとかなりの確率でこれらの症状が起こります。
それじゃなくても髪の毛は乾燥しやすいのでいつも乾燥しないように対策するのにかぎります。

 

 

ここでは、髪の毛の広がり、うねり、ぱさつきを抑える方法についてご紹介します。

 

 

これでバッチリ。髪の毛の広がり、うねり、パサつきを抑える方法

髪の毛広がりぱさつきうねり

髪の洗いすぎに注意

髪の毛広がりぱさつきうねり

髪の毛ってあんまり洗いすぎると乾燥してきます。
地肌もかゆくなるし、そうなるとフケも出てきたりします。

 

それじゃ余計地肌がべとつくんじゃ・・・って思いますが
逆に毎日してるほうが地肌が乾燥してしますので皮脂をもっと出そうとします。

 

髪の毛を乾燥させずに健康に保ちたいなら髪を洗いすぎないようにするといいです。
頻度は2、3日で一度でも十分です。

 

毎日洗いたい場合は、頭皮に刺激の少ないアミノ酸シャンプーを使うといいと思います。

 

あとシャンプーはあくまでも頭皮を洗うものですから、髪の毛にはつけないほうがいいです。
できるだけしっかり泡立てて頭皮につけるようにしてください。

 

それからトリートメントは逆に毛先を中心につけること。
地肌にはつかないように注意です。
キレイに伸びるように細かい目のコームを使うと髪に全体になじみますよ。

 

 

洗い流さないタイプのトリートメントを使う

髪の毛広がりぱさつきうねり

ドライヤーの前につけることで熱から守ってくれるし、水分が逃げないようにしてくれます。
しっかりももみこんで髪の中に入っていくようにします。

 

ドライヤーは頭のてっぺんの方向から風を上げます。
髪の内側から当てると乾きが早いですけど、髪の毛が広がりやすいです。

髪の毛広がりうねりパサつき

頭皮の部分が大体乾いたなと思ったら
すこし下に風を当てます。
絶対に毛先には風は当てません。毛先が痛むからです。

 

8割ほど乾いたらOKです。
完全に乾かさなくてもいいです。地肌がかわいたらいいです。

 

最後にまた洗い流さないトリートメントで潤いを与えたら終わりです。外から髪を保護することで、

 

髪の乾燥を防ぎますし、
余分な水分が入り込まないようにして、髪のうねりを抑えます。

 

きちんとケアするとだんだんうねりや広がりも落ち着いてきますよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

>>くせ毛の人が使うといい洗い流さないトリートメントは?くせ毛を改善する成分がはいっているものを選びましょう。

page top